水戸市平須町 食堂カフェ ラヴィのメニュー

イタリアやスペインなどでバル(バール)と言うと、
喫茶店や酒場、あるいは喫茶店・居酒屋・食堂を兼ねた飲食店を指します。

スポンサードリンク

コーヒー中心の店、アイスクリーム中心の店、食事メインの店、
朝はコーヒーを出し、昼は食事とお酒、夜は小皿料理と酒を提供する店など、形態は様々。

最近は日本でも「バル」が流行っているのか、
どこの街へ行ってもそういうお店を見かけるようになりました。

ワインとそれに合う料理を出すお店が多いので、
たぶん、ワインの人気が高まったせいなんでしょうね。

僕もかみさんもワイン党なので有り難い傾向ですが。

最近は水戸にもそういうお店があちこちにあり、
「あれっ、こんなところにこんなお店あったけ?」と思うこともしばしば。

僕らもバー・バル・バールなどで利用することがありますが、
今のところ気に入っているお店といえば、

ブラックバード(南町)
ガンチョ(水戸駅南)
萬屋(見川)
燈屋(石岡)

といった感じです。

もちろん、他にも良いお店があることは知っていますが、
行きづらい場所にあったり、時間が合わなかったり、なかなか行く機会を持てずにいます。

水戸の飲食店は、基本的に日曜日は休みのところが多いので、
休日に外食しようと思っても、やってないことも多いんですよね。

というわけで、今回ご紹介するところも、来店したのは祝日。

この日は僕ら以外に、旅行帰りの弟夫婦と母親と出かけたのですが、
あちこち調べてみても、めぼしいところはどこもやってなかったので、
がっかりしていると、

「ラヴィ行ってみようか!」

と弟が言いました。

ラヴィ?どういうお店?

「食堂カフェとかそんな感じだったと思うけど、
何度か行ってみて、なかなかいいお店だったよ。」

というわけで、弟に連れてこられた、食堂カフェラヴィ。

場所は、水戸と言ってもかなり郊外の平須町。
平須にそんなお店あったっけ?

平須といえば、ファミレス、ラーメン屋、中華料理屋、蕎麦屋、
といったイメージしかなかったからなのですが、
県庁が笠原に移ってから、事情がずいぶん変わったみたいです。

(平須といえば、映画「ローリング」のロケで使われたという「レストラン平須」や
水戸の寿司屋ランキング上位の「緑寿司」などもありますね。笑)

まぁ、「食べログ」や「ぐるなび」で検索しても、
平須辺りの食事情報は大したものが見つからないのですが、
行ってみると、確かに「食堂カフェラヴィ」はありました。

旧6号沿いの「ダイユーエイト茨城水戸店」の近く、
「モスバーガー 水戸平須店」の向かいなので、わかりやすいと言えば、わかりやすい立地。

水戸市平須町1820-263

確かここって以前は、隣が中華料理屋じゃなかったっけ?

隣りにあった中華料理屋は中国人の夫婦がやっていたお店で、
安くてとても美味しかったので、何度か利用したことがあるのですが、
いつの間にか中国に帰っちゃったみたいですね。

残念。

で、ここは以前「焼き鳥大吉」だったはず。
お店の外観と店内の間取りは、弟によれば、ほぼ「大吉」のままみたいです。
確かにそう言われてみれば、そんな感じ。

P1250181

P1250183

ランチは11:30~14:30(L.O.14:00)、ディナーは18:00~24:00(L.O.23:00)。

郊外のお店にしては遅くまでやってるんですね。

店内は、4~5人掛けのテーブル席が3つと4~5人掛けのカウンター席で、
確かにカフェと言うよりは、居酒屋とか焼き鳥屋といった感じです。

P1250178

30代くらいの若い男性がひとりで厨房に立っていて、おそらくこの方が店主なんでしょうね。

席につくと、若い女性スタッフが注文を取りに来ました。

さて、メニューは・・・

ディナーは小さなお店にしては豊富に揃っています。

旬のおすすめが4種類(620円~1,100円)
本日のおすすめが7種類(640円~2,300円)

P1250164

パスタは、

オリーブオイル4種類(各900円)

トマトソース6種類(各950円)

クリームソース4種類(各1,000円)

トマトクリームソース2種類(各1,200円)

P1250161

おつまみは9種類あり、各380円。

サラダは4種類あり、780円~820円。

あげもの2種類、420円~680円。

ソーセージやキノコなどのあったかい皿4種類(580円~750円)。

オーブン焼き3種類(700円~880円)。

P1250163

煮込み料理4種類(580円~1,500円)。

ラヴィ自慢の焼き物5種類(680円~1,000円)。

ごはんメニュー5種類(各900円)。

サイドメニュー3種類(250円~420円)。

デザート4種類(250円~420円)。

P1250162

なかなか充実しているでしょう?

値段にバリエーションがあるので、懐具合に応じて楽しめるのが、良いところ。

うちは食べに行くと、好きなものを注文して、
みんなでつつき合うという感じなのですが、今回も例に漏れず、次々とオーダーが!

まずはジョッキビール(530円)と前菜。

自家製ピクルス(380円)

P1250148

いろいろ野菜の浅漬け(380円)

P1250147

これは美味しい。
こういうお店では必ずピクルスを注文することにしていますが、
ここのはちゃんと漬かっていて、とにかく野菜が美味しい。

シーザーサラダ(780円)

P1250146

あっという間に平らげてしまいしたが、これも野菜が美味。
ここの野菜は自家農園で育った、採れたての無農薬野菜を使っているんですって。

生ハム盛り(380円)

P1250152

チーズ&クラッカー(380円)

P1250156

ガーリックトースト(420円)

P1250168

これは秀逸。
濃厚なオイルとガーリックがたっぷりパンに染みていて、
こんな美味しいガーリックトーストはなかなかないです。
弟によれば、甥はこれをいつもおかわりするとか。

マッシュルームのオーブン焼き(700円)

P1250167

スポンサードリンク

これも秀逸。オリーブオイルがたっぷり使われていて、マッシュルームも歯ごたえが良い感じ。

牛スジとトリッパの煮込み(580円)

P1250153

「トリッパ」は、イタリア語で家畜の胃を食用に切り出したもの。
要は牛スジとモツのイタリア風煮込みといった感じかな。

P1250155
大阪の居酒屋にありそうなメニューですが、ここのは味付けが甘めで、
お好みで七味をかけていただくあたりが、気取ってなくて良い感じ。

めひかりのフリット ラタトゥイユぞえ(640円)

P1250159

ラタトゥイユは、南フランス、ニースあたりの野菜煮込み料理。
それがめひかりと出会って、水戸風ヨーロッパ田舎料理になったという感じかな。

P1250160
うちのかみさんは東京生まれなので、水戸で初めてめひかりを食べたそうですが、
味が淡白なので、相当気に入っているみたい。

喜び勇んでリブロースステーキ(1,200円)を頼んだ甥は、長旅の疲れが出たのか、オーダー直後グロッキー状態に。

P1250149

車の中で寝とけばよかったのにね!ステーキはおみやげにしてもらいました。(笑)

おなかもこなれてきたことだし、そろそろワインでもいただきましょうか。

ここはウィスキー、チンザノ、梅酒、サワー、ハイボール、
焼酎、日本酒、カクテル、各種ソフトドリンクまで、飲み物のメニューも豊富に揃っています。

P1250180

P1250166

P1250165

日本酒に結城の「武勇」や石岡の「渡船」があるあたりが
僕好みのセレクトですが(笑)、今回は赤ワインのデキャンタ(1,200円)。

P1250151

確かに、この「赤」は程よい渋みがあって飲みやすい。

かみさんは白ワインのデキャンタ(1,200円)。
おふくろと弟夫婦はハイボール(480円)。

つまみがなくなったので、これいってみましょう!
常陸牛カルビのタタキ 一日一皿限定(2,300円)。

P1250171

P1250173

値段は高いけど、けっこう量が多いので、5人でも食べごたえあり。
肉はとても柔らかくジューシーで、塩、マスタード、ポン酢+わさび、
マッシュポテト(ラディッシュ入り?)、ラタトゥイユでいただきます。

P1250172

美味しい~!満足の一品。

じゃ、シメはパスタで。

イワシとアンチョビのビアンコ(900円)

P1250175

プッタネスカ(950円)

P1250176

僕的にはソースの味がちょっと濃かったけど、お酒のつまみだからでしょうね。
麺はおそらく自家製(!)

というわけで、今回は平須町で思いがけず
美味しい料理とお酒を堪能することになりました。

ここは、メニューや一品一品の味付け、お酒の種類、接客態度、値段設定など、
利用する人の立場に立って、ちゃんと考えられているのが伺えます。

これだけ飲み食いして、5人(甥は寝ちゃったので)で2万円ですよ!
安いわぁ。(笑)

ここなら若い人から年配の方まで、安心して楽しめるのではないでしょうか。
ワインがダメでも、日本酒やハイボールもありますし。

僕とかみさんは、水戸や茨城だけでなく、都内のバルにも行きますが、
そういう意味で、ここはレベルが高く、「穴場」だと思います。

人によっては、「あれがないじゃないか」とか「これが違う」
と言うかもしれませんが、気取りがなく、気軽に入って、
焼き鳥屋や居酒屋感覚で楽しめるところも◎だと思います。

日本の「バル」は小綺麗なところが多いですが、バルって所詮は「居酒屋」じゃないですか。

スペインなんかのバルは、薄汚くて、料理は大盛り、酔っぱらいがごろごろしていると、
スペインに行ったことのある、うちのかみさんは言ってました。

僕もそうだと思います。(笑)

ランチメニューは1,200円で

P1250183(1)

お肉料理
お魚料理
スパゲティー
カレーライス
ハンバーグ

から選べ、スープ、サラダ、ドリンクが付いてくるそうです。

今度はランチで利用してみようかな♪

食堂カフェ ラヴィへの行き方・駐車場

この辺は基本的に車で行った方が便利ですし、水戸近郊に住んでいる方は車で行くでしょう。

お店は旧6号国道を千波湖・県庁方面から茨城町方面に向かい、
「平須団地入口」と「平須十文字」の間、
旧6号をはさんで「モスバーガー 水戸平須店」の反対側(右手)。

水戸市平須町1820-263

駐車場はお店の前と横に10台ぶんくらいあります。

バスで行く場合は、水戸駅か大工町辺りから
関東鉄道バスに乗り、「平須団地入口」か「平須」で下車。
乗車時間約30分/運賃450円(水戸駅から)

関東鉄道バスの路線
水戸駅北口6から

「大工町・千波・平須経由県自動車学校行き」
「大工町・千波・平須・奥ノ谷経由石岡駅(石岡車庫)行き」
「芳流橋(千波新道経由)・千波・平須経由県自動車学校行き」
「芳流橋(千波新道経由)・千波・平須経由奥ノ谷行き」
水戸駅南口3から
「水戸駅北口・大工町・千波・平須・奥ノ谷経由石岡車庫行き」
*夜はバスの運行本数が少ないので注意。

食堂カフェラヴィ
水戸市平須町1820-263 会沢ビル101 029-306-7664
ランチ:11:30~14:30(L.O14:00)ディナー18:00~24:00(L.O23:30)
水曜定休 12名以上貸切可 VISA、マスター、アメックス、JCB対応 Wi-Fiあり

スポンサードリンク

コメントを残す