水戸市ラヴィ プロヴァンソの南仏家庭料理

忙しさにかまけていたら、いつの間にか季節が変わっていたようです。

スポンサードリンク

玄関のドアを開けたら、暖かい風が吹き込んできたので、
どこかへ出かけたくなりました。

この季節、水戸で行くところといえば・・・偕楽園!
去年も行きましたよね。

今年こそは偕楽園で梅酒を飲もうって思っていましたが、
残念なことに、叶いませんでした。

僕らが行ったのは、3月29日(土)。梅から桜へと移り変わる時期です。

さて、花見の前にまず腹ごしらえといきましょう。(笑)
偕楽園のそばに素敵なお店があるんです。昨年も行きましたよね!

水戸にいながら、本格的なプロヴァンス料理と南仏の雰囲気を味わえるお店と言えば・・・
そうです!ラヴィ プロヴァンソ(Ravi Provencau)。

前回はお茶だけでしたが、今回はランチメニューに挑戦!

ここは常磐町の閑静な住宅街の中にあり、風致地区で目立つ看板もなく、
ちょっとわかりづらいかもしれません。

水戸市常磐町2-9-49

この保存樹に指定されている大きなクスの木が目印。

P1010637P1010638

隣には見事な枝垂れ桜があり、ラッキーな事に満開でした。

_DSC3312

入ってみると、すでに店内はほぼ満席状態。天気が良いので今回も外の席へ。

_DSC3428_DSC3657

なんてさわやかな午後なんでしょうか。
こんな日にこんな素敵な場所で、ランチをいただけるなんて幸せです。
神様に感謝しなきゃ!

P1010636

_DSC3310

_DSC3314_DSC3316

_DSC3326

なんだか本当に南仏に来ているみたいで、席についた途端、気分が高揚してきましたよ!

_DSC3392

_DSC3335

_DSC3321

席まで案内してくださったのは、ご主人と一緒にここを経営されている富田ちなつさん。

_DSC3408

兵庫県生まれの水戸育ち。
建築関係の専門学校を出て、大手建設会社に入社し、
2級建築士の資格も取ったという経歴の持ち主。

ちなみに入り口の看板も彼女の自作。プロの腕前ですよね。

P1010624

高校生の頃パン屋さんでアルバイトして知った、お菓子作りの楽しさが忘れられず、
23歳の時、渡仏してパリでお菓子や料理、パンの作り方を学んだんだそうです。

_DSC3407

その後29歳の時に再び渡仏して、プロヴァンスにあるシャンブルドッグ(民宿)で
住み込みで料理を教わっていた時に知った、オルガさんというお母さんの
南仏家庭料理にすっかり魅了されたのが始まりなんだそうです。

_DSC3406

すごい情熱と行動力ですよね。

ちなつさんはオリーブやトマト、ハーブ、バジルや海の幸など、
その土地でとれたものをふんだんに使った南仏の家庭料理を日本人に伝えたいと思ったそうです。

そこで2007年に自宅で「モンシュシュ(mon chou chou)」という
南仏家庭料理、フランスパン、フランス菓子の教室を開き、
2012年にこの場所に「ラヴィ プロヴァンソ」をオープンさせたのだそうです。

モンシュシュは現在、ラヴィ プロヴァンソの隣の部屋で開かれていて、
ちなつさんは年に一度オルガさんに会うために南仏へ行くそうです。

ラヴィ プロヴァンソの料理は、出来る限り地元茨城産のものを使い、
ご主人と交代でつくってらっしゃるとか。

_DSC3397_DSC3393

P1010582

ラヴィ プロヴァンソのコンセプトは、「楽しい雰囲気の中で、南仏プロヴァンスの空気を伝えること」。

P1010603_DSC3305

ちなつさんは、とても明るくフレンドリーな方なので、
ブログで紹介したいという旨を告げると、写真撮影を快くオーケーしてくださいました。

というわけで、この日の午後は、南仏プロヴァンスランチ撮影会となったのです!

ランチは前菜のついたコース、サラダランチ、サンドイッチプレートなどから選べます。

_DSC3328_DSC3329

最近ちょっとダイエット中なので、(笑)
かみさんは「食いしん坊のサラダ+デザートとお飲み物」
僕は「サンドイッチプレート+デザートとお飲み物」にしました。

ところが、僕たちのためにちなつさんが特別にコース料理の前菜
を出してくださったので、まずそれからご覧に入れましょう。

玉ネギのタタン、鶏レバーのパテとエシャロット赤ワインソース

スポンサードリンク

_DSC3367

レバーのまったりとした感じと、エシャロット、パイ生地のサクサクした感じがマッチしています!

_DSC3354

北海道産ホタテの軽いマリネ、レモンクリームソースと野菜のエスカベッシュ添え

_DSC3362

ホタテとレモンクリームのさわやかさが合いますね~!

_DSC3359

食いしん坊のサラダ

_DSC3380

かみさんによれば、ドレッシングとピクルスが特に美味しく、サラダだけと思っていたら
パンやパスタも付いていたので、ボリューム的にも大満足とのことです。

_DSC3377

サンドイッチプレート

_DSC3384

こちらもボリュームがあって食べごたえがあります。
シンプルな取り合わせのサンドイッチですが、やっぱりドレッシングが美味しい。

_DSC3387

そして、このパンのなんとも言えない素朴な味わい。
このパンもサラダに付いてるパンも天然酵母の自家製ですが、種類が違うんです。

_DSC3389

南仏料理は初めてだったのですが、プロヴァンスの家庭料理には、
日本の母親がつくる「煮っころがし」なんかに通じるものがあるかも!

フランス料理と言っても、気取っておらず、とても素朴で、
手作りの温かみを感じるという意味です。

ちなつさんによれば、ランチはプロヴァンス風ですが、
ディナーはちょっと趣向の異なる「地中海料理」なんだそうです。

_DSC3331

ワインもいろいろ揃えているようなので、夜も期待できそうですね。

_DSC3334

おっと、食後のデザートを忘れるところでした!

林檎のクランブルとバニラアイス(1日限定3個)に興味があったのですが、
今日は売り切れということで、ティラミスプロヴァンサルにしました。

_DSC3402

イタリアンのこってりとしたティラミスとは違い、あっさりした美味しさでした。

_DSC3400

_DSC3405

最後はエスプレッソとメレンゲ。

_DSC3419

このメレンゲは本当にふわっとしていて、口に入れるとシューッと溶けていきます。

P1010598

前回飲んだ「スパイスキャラメルオレ」もそうでしたが、
アニスのさわやかな香りが口いっぱいに広がっていきます。

P1010600

最後に、建物の中をお見せします。

P1010602

P1010605

P1010606

これらはみな、ちなつさんがフランスで買い入れてきたアンティーク。

P1010612

P1010614

お土産に、お菓子やハーブ、スパイスもあります。

P1010611

P1010613

写真はちなつさんが南仏で撮ったもの。

P1010617

ここは料理が美味しいだけでなく、お店の隅々までちなつさんとご主人の
愛情と思い入れを感じられるのが、特に女性客に人気の理由なんでしょうね。

P1010622

ジジも歓迎してくれますしね!

_DSC3422P1010592

_DSC3427_DSC3424

ちなつさんの夢は、オルガさんのように来た人をいつも
暖かく迎え入れる民宿を南仏で開くことなんですって。

その時はぜひ遊びに行きたいですね。

水戸と偕楽園を訪れる際には、ラヴィ プロヴァンソにも立ち寄って、
プロヴァンスの空気を感じてみてはいかがでしょうか。

ラヴィ プロヴァンソ(Ravi Provencau)
水戸市常磐町2-9-49 029-291-8727
火曜~土曜11:30~14:00 18:00~20:30 日曜11:30~14:00 月曜定休
*駐車場は店の前に数台分と近くに別の駐車場があります。

スポンサードリンク

コメントを残す