水戸納豆早食い世界大会 in ホテルレイクビュー水戸

さて、いよいよ「第14回水戸納豆早食い世界大会」の日がやってきました!

このイベントは例年、千波湖畔で屋外イベントとして開催されるそうですが
今年は「全国納豆鑑評会」の水戸開催を記念して、
水戸駅南にあるホテルレイクビュー水戸で開かれたようです。

スポンサードリンク

イベントが始まる10時に現地に到着すると・・・

P1110999

なんと、全国の納豆が集結しています!

P1110957

こちらがイベント会場。

P1110959

すごい人だかり。会場はすでに熱気と納豆のこうばしい香りに包まれています!

P1110961

P1110965

進行を務めるのは茨城の吉本芸人オスペンギンとミス納豆の広瀬彩香さん。

P1110964

競技内容は「納豆ごはん」を食べるスピードを競うタイムレースです。

P1120026

予選と決勝戦があり、予選を通過できるのは男子10名、女子5名。

予選の女子の部は、納豆ご飯300g(白米210g+納豆90g)、
男子の部は、納豆ごはん400g(白米310g+納豆90g)で競い合います!

予選を通過するには、女子の部で50秒~80秒、
男子の部で40秒~50秒台でないと厳しいみたいです。

P1120011

決勝の女子の部は、わらつと納豆210グラム(70g3本分)、
男子の部は、わらつと納豆350グラム(70g5本分)。

入賞するには、男女ともに30秒台前半と聞きましたが、
「わらつと納豆5本分」は、かなり過酷な量だと思いますよ。(笑)

(ちなみに世界記録は20秒だとか。化け物ですね・・・)

このイベントは毎年応募開始と同時に、茨城県内外から申し込みが殺到するほど人気があるそうです。

今年は男子86名、女子66名の強豪が、北は宮城県、南は大阪府、
海外はガーナやカナダから参戦したと聞きました。

P1110968

熱狂的な参加者もいるようですよ。

P1120010

さぁ、迎え撃つ茨城勢、どうなるんでしょうか。(笑)

時間の都合で予選の部分だけしか見れなかったので、ダイジェストでご覧に入れましょう。

まずは女子の部。

P1110981

位置について、用意、カ~ン。戦いの火蓋が切って落とされました!

P1110986

最初は控え目な感じでしたが・・・

P1120007

徐々にデッドヒート!女の闘い!

P1110983

器をもって、納豆飯をかっ込む、かっ込む!

(注:ご飯や納豆が一粒でも器や口の周りに残っている場合、
テーブルにこぼした場合は終了とみなされないので、すべて食べつくさなければなりません。)

P1110984

水!水!水!

P1110985

外国勢も頑張ります!

P1120006

おおっ、立ち上がりました!

P1110992

終わった~!

P1110993

戦い終わって笑顔もほころぶ・・・

P1110994

P1110995

続いて男子の部。栃木からやってきた参加者だとか。(笑)

P1120062

P1120052

P1120033

位置について、さぁ、スタート!

P1120020

さすがに男子は違いますね~。

P1120027

みんなはじめからすごい勢い。

P1120041

納豆お兄さんもいます。

P1120019

納豆飯をかっ込む!

P1120031

かっ込む!

P1120036

かっ込む!

P1120044

かっ込む!

P1120049

P1120054

P1120053

詰まったら水!

P1120018

水!

P1120030

水!

P1120040

水!

P1120046

気を付けないとむせ返ります。吐き出したり、こぼしたら拾って食べるのがルールなのでご注意!

P1120050

お、早い。この方が予選トップだったみたいです。

P1120021

続々と・・・

P1120043

ミスター栃木も。

P1120058

おなかが見えてるよ!

スポンサードリンク

P1120059

納豆お兄さんも!

P1120024

戦い終わって呆然・・・(笑)

P1120060

こちらが入賞者に贈られる賞品。

P1120069

優勝はなかなか豪華賞品ですね。「またべえ」いいなぁ~。(笑)

P1120063P1120064

P1120065P1120066

P1120067P1120068

もちろん参加賞も参加者全員にアリ。

P1120095

さぁ、ここでねばーる君の登場!

P1120072

ねば〜る君は茨城県非公認のゆるキャラ。
世界中の人々に納豆を広めるために誕生した納豆の妖精で、父は大豆、母は納豆菌。(笑)

P1120071

最近SNSなどで「ふなっしーのう○こ」と書かれたことに胸を痛め、泣き出すねばーる君。

P1120076

でも会場に来ていた子どもが「納豆大好き!」と声援を送ると・・・ビョーン!

P1120077

じゃ、もう一度みなさんで「納豆大好き!」

P1120078

うれし~!ビョ~ン!

P1120079

あ、あぶない!

P1120080

P1120086

ビョ~ン。うわっ、縮んだ!

P1120081

今日はねばーる君からプレゼントがありますよ!

P1120082

P1120083

「ほしいものはなに?」

P1120089

「ええと・・・お金!」

P1120087

じゃ、ねばーる君からプレゼント!

P1120090

何これ?

「納豆うなぎ」だネバ~!

P1120092

うれしくな~い。(笑)

P1120094

P1120061

他にも会場には「納豆食堂」が設けられ大盛況でした。
300食限定で地元のお米「水戸っ穂 風彩常澄」に好きな納豆をかけて無料で試食できるんです。

P1110971

P1110980

P1110974

P1110975

P1110972

P1110976

P1110977

おいしそ~!

P1110973

もちろん納豆の販売も。みなさん本当に納豆が大好きなんですね!

P1110979

ねばーる君グッズも売ってましたよ。

P1120098

P1120097

P1120096

さて、肝心の全国納豆鑑評会の結果の方は・・・
最優秀賞を受賞したのは、東京都の(有)菅谷食品の「国産大粒 つるの子納豆」だったそうです。

P1110956

茨城の納豆は、最優秀賞こそ逃しましたが、(株)笹沼五郎商店の「天狗納豆 丸カップ2ヶ入」が
小粒・極小粒部門の優秀賞、(株)オーサトの「雪誉」が大粒・中粒部門の優秀賞に輝いたそうです。

また、特別賞にやさと農業協同組合の「これがやさとの恵みだ。」と(有)菊水食品の「ひきわり娘」が入賞。
おめでとうございます!僕は昔から天狗党なので嬉しいです。

P1110996

水戸と茨城には納豆の種類が豊富なんですよね。そのうち納豆特集でもやってみましょうか。
それではまた、梅まつりでお会いしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す